実は噂だけ?武田信玄埋蔵金伝説

実は噂だけ?武田信玄埋蔵金伝説

風林火山の旗のもと、戦国最強と言われた武田信玄が残した埋蔵金
噂に過ぎないのか、それとも・・・

埋蔵金伝説
武田信玄と甲斐金山

「甲斐の虎」と呼ばれ、「風林火山」の軍旗を用いて織田信長も恐れたという無敵の騎馬軍団を率いた戦国時代の武将・武田信玄
「越後の龍」と呼ばれた上杉謙信の好敵手として有名な人物ですが、信玄(武田氏・甲斐国)にはもうひとつ有名なものがありました
それが甲斐の金山です

信玄は豊富な埋蔵量を誇る金山から莫大な量の金を産出し、その豊富な金山を背景として財政を潤し、それは内政・外交両面で多大な威力を発揮しました

※元々甲斐国では金山経営が盛んでしたが、外国の技術を積極的に取り入れた信玄の代から金の産出が多くなったとされています

金山衆

金山の採掘に関しては武田氏が直接支配を行っていた史料はみられず、金山衆と呼ばれる技術者集団の各種免除・保護などをすることによって金を得ていたと考えらえれています
また、金山衆は採掘技術を活かし合戦における坑道掘りなどにも従事していた集団であることが明らかにされています
そして、金山衆は武田氏滅亡後には徳川家康に保護されています

※金鉱の衰えと勝頼時代の衰退を関係付ける説もあります

甲州金

日本で初めての金貨である甲州金を作り、後の徳川幕府でも採用された貨幣制度を整備したのも武田信玄と言われています
甲州金では1両(りょう)=4分(ぶ)=16朱(しゅ)=64糸目(いとめ)という4進法が採用され、この4進法の体系は江戸幕府に引き継がれます

※「金に糸目をつけない」の糸目とはこの甲州金の通貨単位に由来します。

武田埋蔵金伝説

そして、この甲斐の金山にまつわる埋蔵金伝説があります
武田家滅亡後、数多くの埋蔵金伝説が生まれました、それは次のようなものでした

「諏訪湖に大量の甲州金が沈められた」

「軍用道路である棒道に埋められている」

「信玄は生前、配下の穴山梅雪に命じて隠された」

現時点では、これらの伝説は伝説のままであり、未だ埋蔵金は発見されていませんが、山梨県内では金貨など埋蔵銭貨の出土例があり、これらは秘匿のため一時的に埋蔵されたものであると考えられています

また、穴山梅雪の伝説には続きとなる話があります

1/3の伝説

伝説によるとこうあります

「穴山梅雪は本能寺の変の後、伊賀越えの際に家康と別行動をとっていたが、盗賊に襲われて殺されてしまった。その盗賊は梅雪の遺品の中から書付を見つけ、それを頼りに埋蔵金の三分の一を手に入れた」

しかし、残されているはずの埋蔵金の三分の二が未だ発見されていないため、真実なのか伝説なのか謎とされています

穴山梅雪

穴山梅雪(信君)は甲斐国武田氏の家臣で御一門衆のひとりであり、母は信玄の姉、妻は信玄の娘という人物です(後代には武田二十四将のひとりに含まれています)
しかし、信玄の死後は従兄弟で義弟の武田勝頼と対立が絶えず、織田信長の甲斐侵攻に際しては織田方に内通し、徳川家康を通じて信長に内応しました
その後、信長に謁見するため家康に随行して上洛しましたが、本能寺の変が起こったため家康と別れて急ぎ甲斐に戻ろうとしたところ、落ち武者狩りの土民に襲撃されて殺害されたとされています

※「三河物語」によると、金品を多く持っていたため、家康従者に強奪されることを恐れて別行動をとったとされます

ぶどう園

1971年、山梨県勝沼町(現・甲州市)のぶどう園にて、ゴミ捨て用に掘っていた穴から蛭藻(ひるも)金と呼ばれる金貨2枚と甲州金18個、さらに中国の渡来銅銭約5000点あまりが発見されました

武田信玄の埋蔵金かと騒ぎになりましたが、一帯は鎌倉街道沿いに位置し、勝沼氏館跡をはじめとする戦国期の城館跡が数多く分布する地域で、これは武田氏家臣の勝沼氏の隠し財産であったといわれています

日本の謎カテゴリの最新記事